まず原因を突き止めてみましょう、それがダイエットへの早道です

Jessie Pavelka

体重が増えた、ダイエットしなくちゃ。でもちょっと待って、原因は何でしょう?
「食べ過ぎた」「飲みすぎた」「運動してない」「体質的に太る」「遺伝かもしれない」「ぐーたらしていた」
ひょっとしたら上の項目、全部。
そんなこともあるかもしれません、でもやはり突出した原因があるはずです。
食生活はどうでしょう、振り返ってみましょう。一時的に宴会とかが増えて、ちょっと・・・と言うのはともかく。
空腹感、ちゃんと感じてますか?空腹感を感じていないのについ食べちゃったと言うのが、太ってしまった人の原因の一つなのです。
「時間がきたからおやつ食べよう」「口寂しいから一口食べよう」
これ、食べ物での肥満の原因のかなり多くの比重を占めています、思い当たらないでしょうか?
空腹感と言うのは、血糖値が下がったことによって感じます。血糖値が下がると身体も頭も維持できませんので、身体は食べ物を求めます。逆を言えば、空腹感が無いのに食べるという事は、余剰エネルギーを摂取しているという事です。
食べ物が原因らしい、と思い当たる方はこの当りチェックしましょう。所謂「間食禁止」ですが、ここで気をつけなければいけないのは、何が何でも禁止ではなくて。身体が空腹を訴えてきたら、補給してあげるという事です。
夏は暑さ負けして食欲が落ちます、空腹感が感じられなくて食事を抜いたりもしますが、これは涼しくなるとリバウンドしますので、一応三食の食事はきちんと摂るほうがいいでしょう。
食事以外で気になること、洋服はどうですか?何時も楽な物ばかり着ていませんか、ぶかぶかの身体の線を隠すような物ばかり着用していませんか?
これは本当に逆効果です、人間の身体と言うのは不思議な物で、誰かに見られていると思うと緊張して、その分綺麗になるのです。自分でも電車の窓とかショウウインドウに映った姿、ぶかぶかな洋服だと見えませんね。見えなくて幸い、とか思わないで見てあげてください、結構ダイエットの近道です。
自分の身体、目をそらさずに見ることです。
そして加えて、ゆったりした服を着ていると、何かの拍子とか年齢のせいで骨盤が開いても、開いたままになります。骨盤が開くとどうなるか、よくお産の後のお母さんが太ったと言いますが、あれの一つの原因は骨盤の開きです。
ストレッチでゴムのウエストのパンツはちょっと止めて、あまりきつきつでないGパンに変えてみましょう。これだけで開いた骨盤は元に戻ってくれます、ちょっとしたことですが有効です。
ただしこの場合も気をつけていただきたいのは、あまりきつい締め付けすぎのGパンなどは避けることです。きつすぎると、内蔵の動きを妨げて危険だからです、便秘の元にもなったりします。
水を飲んでも太る体質で、と言うのはちょっと大変です。ある意味こういう方は「危機管理体質」なんですね、食料や水が不足したときの場合を考えて、身体が勝手に備蓄しているのです。
だからと言って、備蓄しすぎはいけません。特に水分はコントロールが難しい物です。夏は水分補給しないと命に関わりますが、それを溜め込んでしまっては元も子もないからです。所謂「むくみ」までいってしまっているようなら、利尿作用のある飲み物で対処しましょう。コーヒー、中国茶などが利尿作用の高い飲み物です。
ただこちらも気をつけてください、利尿作用が高いという事は吸収が悪いという事で、身体に必要な分の水分も補給しそこなうことがあるからです。むくんできたな、と思った時に飲むのがいいでしょう。
中国茶、特にウーロン茶に関しては、空腹の時には避けてください。油を溶かす成分が強いので、空腹時の胃袋を荒らしてしまうことがあるからです。逆を言えば、油の強い食べ物を食べた時は、ダイエットの強い味方になってくれます。

October 13, 2013 at 05:36PM

食生活の改善と適度な運動でダイエット成功

Bamboo Right in my Stomach!

夏をむかえるにあたり、冬ですっかり肥えてよくなりすぎた肉付きをなんとかしたい、ノースリーブや短いスカートをきれいに着こなしたいと思い、重い腰をあげてダイエットをはじめました。もともと食べることが大好きで、運動は嫌い。空腹感と汗をかくことが嫌いな私でしたが、なんとか1ヶ月で3キロおとすことを目標にがんばりました。私がまずやったのは食生活の改善です。それまでは朝昼晩、おやつ、夜のデザート付の生活をしていました。食べる回数を減らすのは私にとってはとても苦しいことでしたので内容を変えました。まず朝は白湯をゆっくり10分ほどかけてのみ、そのあとにフルーツと青菜をつかったスムージーをカップ一杯かみながらのみ、それだけで朝ごはんを終了にしました。ダラダラしている時間があるとついつい食べ物をたべたくなってしまうので、ダラダラしないようにあまり早起きはしないようにしました。そして、スムージーを飲み終わったらすぐに歯磨きをして、すっきりした口内環境をつくり、食べ物を食べようにもおいしくたべられないような状況をつくりました。そして、お昼ご飯は普通に食べたいものをたべるのですが、食べる前に水をコップ一杯のみ、そしてサラダを先に食べます。そしておかずを食べ、そのあとに主食を食べます。おやつはヨーグルトやフルーツ、ナッツを食べました。なぜならば、ダイエットをすると便秘がちになり、おなかに苦しくなってしまって体重もなかなか減っていかないということがよくあるからです。ヨーグルトやフルーツを摂取することで食物繊維やビタミンC、乳酸菌を摂取することができ、腸にうったえかけることができるので、便秘に悩みにくくなります。そして、夜はおかずのみの食事にしました。夜も昼と同様、最初に水をコップ一杯のみ、そのあとにサラダなど野菜をとります。食事中にのどがかわいたときには炭酸水を飲むようにしました。無糖の炭酸水は満腹感を得やすく、食べすぎ防止になります。最後におかずをよくかんで食べて夕食終了です。炭水化物は基本的には食べず、食べるとしたら白米とこんにゃくライスをあわせてたいたものをよくかんでたべるようにしていました。夜おそくまで起きているとどうしても口寂しくなって何かをたべたくなってしまうので、そうならないように早くに入浴。歯磨きを終了させ白湯をゆっくりのんでから就寝するようにしました。あたたかいものを飲むと眠気をさそうのでおすすめです。あまりに空腹感に悩まされたときはきゅうりをスティック上に切ったものをたべたり、エリンギをさいたものをフライパンでやいてしょうゆをかけてたべ、空腹をごまかしました。運動に関しては縄跳びとウォーキングをしました。縄跳びは10分間だけですが、1000回ほどとびました。疲れたら歩きながら休憩しました。縄跳びは息があがりにくく、有酸素運動なので脂肪を燃焼させやすいです。適度に汗もかきます。ウォーキングは30分ほど、朝と夜にしていました。目標がないとがんばれない性格なので、ウォーキングの折り返し地点をお買い物スポットにし、炭酸水を買って帰ってくるというコースにしました。家に帰ってからはクールダウンのためにシャワーをあびたあとに足や腕、おなかの気になる部分をお気に入りのマッサージオイルでマッサージしました。太ももや二の腕にはかなりのセルライトがたまっていたので、それをつぶすように指先で強くマッサージしました。これらを2ヶ月続けたところで体重はみごとに3キロ減少しました。運動はやめてしまいましたが、食生活はそのままダイエット中と同じようにしています。基礎代謝があがったせいか、運動をしなくてもあまり体重が増えなくなりました。

Young boy deciding to eat a dessert